棒の曲げ加工


今回の曲げ加工は少し変わった曲げ加工を紹介します。曲げる素材断面が楕円形状でなるべく断面形状が変形しない・ショックライン(曲げ当たり傷)を発生しないでU字型に曲げることが目標の金型です。通常の曲げ型(平板の曲げ加工)ではダイRとパンチRに負荷がかかることでショックラインが発生し、更に曲げによる断面形状の変形(曲げコブ)が発生するので、通常の曲げ型では加工できない製品となります。そこで今回の少し変わっている金型が必要となり簡単に申しますとダイRをローラー式(回転する)に変更することでダイR・パンチRの曲げ負荷を軽減させ、ショックラインの発生を防ぐことができます。正確に表現すると負荷の軽減なのでショックラインが目立ちにくくなるが正しいです。断面形状の変形はダイRローラー・曲げパンチ・ハネだしを断面楕円形状と同様に加工することで変形を抑え込みます。この方式の金型は丸棒の曲げにも有効です。










電話でのお問い合わせ 03-3689-6563
メールでのお問い合わせ
採用特設サイト